ご当地どんぶり選手権で 鯛茶漬け

おしゃれファッション女王に私はなる! » 食べ物 » ご当地どんぶり選手権でグランプリの鯛茶漬けの感想
donburi2

ご当地どんぶり選手権でグランプリの鯛茶漬けの感想

B-1グランプリを初めとして、地域活性化を目的とする
町おこしのためのイベントを最近よく見かけるようになりました。


お漬物日本一を決めるT-1グランプリやご当地串カツグランプリ、
各県のゆるキャラたちが日本一を争うゆるキャラグランプリなど、
様々な分野で県ごと、地域ごとで競い合うイベントが行われています。


今回遊びに行った新潟県柏崎市では、
「ご当地どんぶり選手権」でグランプリに輝いたという「鯛茶漬け」が
あちこちで一押しされていました。


donburi1
donburi2
ご当地どんぶり選手権は、
全国各地のお祭りが見られたり、300以上のご当地グルメが食べられるなど、
東京にいながらにして全国各地の文化を楽しめることから人気のイベントで、
今年で5回目の開催となる『ふるさと祭り東京』の目玉企画のひとつ。


その名の通り、地域の食材を活かした「どんぶり」を競う企画です。


柏崎市は、鯛の漁獲高が環日本海沿岸においてトップクラスの鯛の名産地なんですが、
この「鯛茶漬け」は、3位、2位と毎年順位を上げ、
今年念願のグランプリ獲得に至ったんだそう。


柏崎市内の飲食店の多くはこの「鯛茶漬け」を提供しているようで、
観光ガイドやフリーペーパーには必ず載っていて、
お店ごとにちょっとずつ味や具材が違うことが紹介されています。


私たちが訪れたのは日曜日だったのでしまっているお店も多かったのですが、
帰り際に柏崎駅のすぐそばにあるホテルサンシャインの
1階に併設されたレストラン「日本海」で食べることが出来ました♪


鯛ってあんまりなじみがないのですが、
この丼ぶりは、鯛の香り上げ、なめろう、鯛めし、と鯛尽くし!


ひつまぶしのように、具材をそのまま食べてみてから、
だし汁をかけてお茶づけにしていただくという楽しみ方がおすすめされていました。


大好きないくらものっていて、
めちゃくちゃおいしかったです!!

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL