三ツ矢堂製麺 レビュー

おしゃれファッション女王に私はなる! » 食べ物 » 三ツ矢堂製麺のつけ麺を食べてみた【レビューです】
tsukemen

三ツ矢堂製麺のつけ麺を食べてみた【レビューです】

前から気になっていた、いつ見ても並んでいるつけ麺専門店
「三ツ矢堂製麺」に行ってきました!

tsukemen
猫舌のわたしは、普通のラーメンだと食べ疲れてしまうので、
ラーメン屋では必ずつけ麺を頼んでしまうのですが、
それを差し引いても「つけ麺」が結構好きです。


職場の近くはなぜかつけ麺やさんがやたらと多く、
1キロないくらいの道の間に4、5軒つけ麺専門店があるので、
お昼や会社帰りによく行っています。


しかしこの「三ツ矢堂製麺」があるのはは自宅の近く。
飲みに行くならまだしも、自炊のできる家の付近で
わざわざつけ麺を食べる、という機会がなかなかなく、
しかも大抵いつも混んでいるので、いつも眺めて終わっていました。


たまたまいろいろとタイミングが合って初めて入りましたが、
さすがいつも混んでいるだけあり、とてもおいしかったです。


ここのつけ麺、さすがいつも賑わっているだけあって、
様々なこだわりがあるようでした。


店内に貼ってあるこだわりの説明ポスターには、
「日本にある1038種類の小麦の中から、特級菓子用小麦を使用」
と書かれています。


さらに麺のおいしさを楽しんでもらえるように、
麺の暖かさを選んでもらう、という面白い手法。
業界初、と謳われるそれは、通常は「冷盛り」という
茹でた麺を冷ました状態で提供されるところ、
ゆでたての熱もり、さらっと水で流しただけのぬめり落とし、
通常の冷もりを超えて氷でつめたーく冷やした氷締め、
と4パターン選べるようになっていました。


汁も、一押しのゆず風味のものをいただきましたが、
濃すぎず薄すぎずで飽きの来ないお味。



また行きたいなと思えるお店でした。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL